【5分ルール】1ヶ月ヒンディー語を勉強してみた

シェアハウスでの出会いが楽しく、インド人に囲まれて生活しているうちに、インドの文化に興味を持ち、ヒンディー語のサウンドにも惹かれ少しでも話せるようになりたいと思い始めました。さらにカナダのトロントはインド人が多く(どの国も多いけれど)、街を歩けば英語と同じくらい聞こえるヒンディー語。

ここまできたら理解できるようになりたい!と思いヒンディー語を学ぶことを決意。
ですが私は飽き性であり、過去に中国語を1週間で挫折した経験があるので、今回は1日5分(だけ)ルールを定め、挫けない程度に1ヶ月毎日ヒンディー語を勉強してみました。

5分ルール

その名の通り、無理なく毎日続けるためにもまずは1日5分だけその作業に取り組むというものです。

学習において何よりも大事なのは継続すること。1日1時間の勉強を1年間続けるのはとても根気がいりますが、1日5分だけならどんなに疲れていてもできるはず。

さらに継続していくうちに5分から10分。10分から30分と勉強時間を延ばしやすくなる効果もあります。

5分ルール続けてみた

私がヒンディー語の勉強に使っているのは、言語学習者はみな一度は耳にしたことがあるであろうDuolingo (デュオリンゴ)です。最近少し物足りなくなってきたのと1000円も課金したくないという自分がいます。みなさんもしおすすめのヒンディー語勉強アプリがあったら教えてください!


さてさて、1ヶ月勉強し続けた結果がこちら!

59日継続中!楽しくなってきてもう2か月毎日勉強できています。Duolingoの緑の鳥(アプリのキャラクター)からの毎日の圧力と催促もありますが…(笑)おかげでヒンディー語、読めるようになってしまいました!


学習し始める前は、文字がニョロニョロしていて日本人の私にとっては異次元の言語であったのに。
デーヴァナーガリー文字(日本語で言うあいうえお)を覚えるところから始まり、今は簡単な単語と文法を勉強しています。なんと言う成長!ちなみにヒンディー語は日本語と同じ文法順です。英語は日本語に対して文法が逆ですよね…なので勉強してしまえば英語よりも簡単なのかもしれません。
挨拶と自己紹介、簡単な文は作れるようになりました。
1日5分、馴染みのないヒンディー語で、1ヶ月勉強しただけでこの成果。
みなさんが新しい言語を勉強するきっかけになればとも思います!
また、新しい言語を学ぶとその国の文化や歴史、生活習慣も知りたくなり、なんだか世界が広がったように楽しくなります。
それもあって最近はYouTubeでインドの食べ歩き、格安ホテルのVlogを見るのが日課です。

私のおすすめチャンネル

屋台での食べ歩き、おすすめホテルなどの情報満載!アメリカ人ですが独学したヒンディー語でも話しています。英語の字幕付きなので英語とヒンディー語を同時に学びたい私には最高。編集があまりなく溢れるホームビデオ感。動画もいきなり始まり、いきなり終わる感じがザ・ユーチューブ動画でクセになります。(笑)

また、インドはヒンディー語以外にも20以上の言語があったり、南インドに住んでる人と北インドに住んでる人はお互いの言語が違いすぎるので英語で話したり…と、知れば知るほど面白い!
いつかインドに行きたいな〜
1年後、私は英語とヒンディー語で生活しているかもしれません…

皆さん是非5分ルール、試してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です