日常生活に英語を取り入れよう: おすすめの1日ルーティーン

こんにちは、Yukiです。

みなさんは1日にどれくらい英語に触れていますか?

日本にいると英語圏に住んでいる頃にあった英語環境が一気に消えてしまいます。

英語を使う機会も必然と減ってしまい、頑張って手に入れた英語力がだんだんと落ちてしまいがち…

ですが、日常生活に英語を進んで取り入れることで、日本にいながらも自分で英語環境を作ることができ、留学やワーホリで培った英語力もしっかりと維持できます。机に向かって徹底的に勉強することももちろん大切ですが、私のような集中力無し・飽き性は楽しみながらやることで無理なく英語学習を毎日続けられます。

今回の記事では、私が実際に毎日実践している1日の英語学習ルーティーンを紹介。

一緒に英語力をキープしていきましょう!

朝の英語ルーティーン

さっそく脳みそを起こしていこう!

仕事への準備をしながら、そして朝食をとりながらその日の気分に合わせて海外ポッドキャストを聴くことを毎朝の日課に。今では朝のコーヒーを飲みながらポッドキャストを聴く時間が至福のひとときです。

私が普段聞いているチャンネル。ポッドキャストではオーストラリア英語を聞くのが好き。

そして、仕事へ行く前に5分でも時間があれば英語学習アプリ「リアル英会話」や「Bright」を使って文法やスラング、英単語を学んだり前日の夜に学んだことを軽く復習。

ランチ休憩でも英語

お昼の1時間休憩は意外と時間があるもの。

休憩時間を使ってInstagramやXでフォローしている英語系のアカウントからその日の夜に勉強したい英単語や言い回しを収集してスクショ。

時間がある時は、世界中の人とコミニュケーションが取れる英会話アプリ「HelloTalk」も開き、ランダムに英語のつぶやきを読んだり、チャットしたりとランチ休憩中も英語を使うようにしています。

帰宅後も1つでも良いので英語で何かをする

洋書を読んだり、海外ドラマを見る…でも良いですね。英語を使って少しでも何かするように心がけています。

私は毎日、夜ご飯を準備する前に30分~1時間はスマホをフォーカスモードにして連絡を遮断し、集中できる環境を作った上で英語や、英語を使って他の分野を勉強。

最近は話題の英会話アプリ「ELSA Speak」で実際に英語をAIと話し、自分の音声を録音し、それを聞く…と言う流れで勉強することが多いです。自分の英語を録音で聞いてみると、発音が意外とできてないことに気付かされます。ELSAはどこに気をつけたら良いのかも細かく指摘してくれるので、今1番重宝している英語学習アプリです。

夜ご飯の後は、英語字幕でNetflixを見たり、海外YouTuberの動画を見たりしながら、くつろいでいます。

英語学習におすすめのYouTubeチャンネル10選

こんな感じで、日本にいながらも自分で英語環境を作るのは意外と簡単です。そして取り入れてさえしまえば、それがルーティーンとなり日本にいながらもリスニング、スピーキング共に英語力をキープできます。

皆さんも今日から始めてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です