【ワーホリ生活】Happy New Year in ニュージーランド

f:id:yuki-shudo-8:20200101075158j:image

こんにちは、ニュージーランドのウェリントンでワーホリ生活をしているYuki(@yukishudo)です。

このブログでは、

30歳までワーホリでできるだけ多くの国に住みたい!

自分の中の視野を広げながら色んな文化や価値観を学んでいきたい!

そして英語の勉強も大好き!

そんな私が海外生活やワーホリ情報について書いています。

ではでは、今回もウェリントンでのワーホリ生活についてのんびりと書いていきます。

明けましておめでとうございます

みなさま、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

みなさんはどんな年越しを過ごしましたでしょうか?

オーストラリア、ニュージーランドこれまで年越ししてきて思うのはやっぱり、

私は日本の年越しがやっぱり大好きだ、ということ。

大晦日からかけて年越しそばを食べ、テレビでは特番が放送され、除夜の鐘が鳴り、札幌の寒い冬の中でも神社に列をなして並び、大切な人へ「あけましておめでとう」と伝えあう。なんて素敵な文化なのでしょう。

ちなみにこちらの年越しはとにかくパーティーで、

花火、お酒、イェーーーーイ!です。

季節が真逆の夏なので、パーティーしないわけにもいかないですよね。

今回の年越しもニュージーランドにいながらしっかり年越し蕎麦も食べました。

ニュージーランドは有難いことに思っているよりも、日本のもの何でもあるんです。このそば1ドルでした。安い!

f:id:yuki-shudo-8:20200101080352j:image

カウントダウンイベントは、ウェリントン市内にあるウォーターフロントという所へ。

花火大会が開催されていました。

なんだか初めてあんなに混み合うウェリントンを見ました。

f:id:yuki-shudo-8:20200101075839j:image
f:id:yuki-shudo-8:20200101075842j:image

花火大会の最後鳥を飾る流れるシャンデリアのような花火。あれ本当に綺麗ですよね。

ちなみに大晦日当日とても良い天気だったので日中は相方とビーチへ行ってきました。

大晦日にビーチで過ごせるのは南半球の特権ですね。

それにしても、ウェリントンのビーチは本当に美しい。

f:id:yuki-shudo-8:20200101080146j:image
f:id:yuki-shudo-8:20200101080203j:image
f:id:yuki-shudo-8:20200101080142j:image
f:id:yuki-shudo-8:20200101080155j:image
f:id:yuki-shudo-8:20200101080159j:image


 

f:id:yuki-shudo-8:20200101080149j:image

あ、これ、真っ赤な花が咲くのでクリスマスツリーみたいなんです。

ちなみに本物のクリスマスツリーもウェリントン市内にあり、日本とは違いお正月イベントが無い為、しばらくこのまま飾られることでしょう。

文化の違いってやっぱり面白いですね。

f:id:yuki-shudo-8:20200101104002j:image

Yukiの今日のカフェ

f:id:yuki-shudo-8:20200101080637j:image

カフェ:Sweet Mother ‘s Kitchen

住所:5 Courtenay Place Te Aro

ナ!ナチョス!(メニュー名もナ・ナチョスでした)

店内が可愛すぎたので写真をパシャリ。

ここはビーチの近くにあるメキシコ料理兼カフェです。

この雑貨のゴチャゴチャ感たまらない。

f:id:yuki-shudo-8:20200101080641j:image
f:id:yuki-shudo-8:20200101080646j:image


2020年も素敵な年にしていきましょう!

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です