【YMS・ワーホリ】今月の生活費公開!in ロンドン

こんにちは!

YMSビザ(ワーホリ)で渡英しイギリスで生活中のYuki(@yukishudo)です。

このブログでは、

31歳までワーホリでできるだけ多くの国に住みたい!

自分の中の視野を広げながら色んな文化や価値観を学んでいきたい!

そして英語の勉強も大好き!

そんな私がワーホリ情報や海外生活についてブログを通して発信しています。

さてYMSビザで渡英して、3か月が経ちました。早いものです…

仕事も順調に頑張れていて、友達ができてきたりとイギリスでの生活も楽しくなってきました!

ということで、今回の記事では、

イギリス生活3か月目の生活費を公開!

さらに生活費を抑えるために私が利用しているものも紹介していきます。

  • これからイギリスに渡航予定
  • イギリス・ロンドンでの生活費が気になる
  • 生活費を抑えるコツを知りたい

という方におすすめの内容です。

イギリス生活3か月目!の生活費

今月は日帰り旅行をしたり、ジムに入会するなど先月とはまた違う出費がありました。

それでも、レイルカード(電車料金が半額ほどに!)を使ったり、ジムの入会は友達紹介を利用するなど賢く節約し、イギリス生活を楽しめています。

ではさっそく詳細を見ていきましょう!

詳しい生活費の内訳は…

家賃£550 (11万2,301円)
食費£200 (4万835円)
日用品£111 (22,661円)
携帯代£10 (2,042円)
交通費£75 (1万5,314円)
交際費(外食含む)£53 (1822円)
衣服£35 (7,147円)
サブスク£34 (6,942円
ジム月額£30 (6,125円)
合計
£109822万4,207円

家賃

固定費なので変わりませんが、円安の影響を受け、先月よりも日本円で換算したところ3000円アップ。

イギリスにいると円安を毎日にように目の当たりにし日本が心配になります。

どれくらい円安が加速しているかというと、渡航した3か月前は1ポンド180円台でしたが、今は1ポンド204円。

円安の進み具合が正直とても恐ろしい…。

食費

先月の約2倍の食費ですが、それでも自炊をしているので抑えられてはいます。

サプリメントやビタミン剤、プロテインを新たに購入しているので、健康的に食費アップ

日用品

スキンケア用品、プロテインシェーカーなど今月も買うものが多かった…。

やはり異国の地へ引っ越してくると、生活の至るとことで足りないものが見つかります…それでも優しいハウスメイトが色々貸してくれるので、とても助かっています。

イギリスでのおすすめスキンケア商品や洗剤などの日用品をまとめているのでこちらの記事もぜひ読んでみてください!

【YMS・ワーホリ】イギリス生活でおすすめのスキンケア商品や日用品を紹介!

携帯代

携帯は安定のgiffgaff

毎月の通信費はたったの£10でありながら先月もデータ量が半分もあまりました!

【日本から契約できる】私が使うイギリスのお得な携帯会社 : giffgaffについて

交通費

交通費がとても高いロンドンですが、レイルカードを利用することでコストを抑えられます。

レイルカードは電車と一部の地下鉄にて利用でき、安い時は半額以下になることも。

毎年£30の年会費用がかかりますが、イギリス銀行Monzo(モンゾー)のサブスクを利用することで、レイルカードが無料に。

このMonzoのサブスク、金利が4%になったりとお得すぎるので、強くおすすめします!

【イギリス銀行】MonzoPerksプランについて詳しくまとめました

衣服

ジム用の服がなく、みんな大好きPrimark(プライマーク)で購入。

Primark(プライマーク)は日本でいうGUのような感じ。

衣服が全てそろうほか、キッチン用品、家具、スキンケア、フレグランスなども可愛くて使い勝手が良いものが多い!

渡英してからの3か月間かなり重宝しています。

Primark(プライマーク)の店内

と、こんな感じで今月の出費は先月よりも£200多くなってしまいましたが、港町ポーツマスへ日帰り旅行へ行ったり、友人と出かけたりとイギリス生活を最大限に楽しめているので良しとします。

また、人生初のジムにも入会。

ハウスメイトも通うジムで、友達紹介を利用し、初期入会費用は無料に。

それでもジム利用料はそこそこ良い値段なので、週5で通うようにしています。

外食の値段はどんな感じ?

6月は港町ポーツマスへ一人旅に出かけたり、友人とロンドン市内で散策したりと先月よりも外食の機会が増えました。

ここからは、おいしいイギリスのご飯たちを気になるお値段と共に紹介していきます。

これから旅行でロンドンへ来る方や渡英予定の方に、外食の際の目安になればと思います。

ポーツマスで食べたお魚料理

£12(2,474円)

お店:FISH&CHIPS DEEP BLUE

港町ポーツマスに一人旅。

港町ということでお魚料理が有名です。

フィッシュアンドチップスを食べようと思ったのですが、メニューに表示されているカロリーは1500…

(イギリスではほとんどのメニューにカロリーが表示されています)

ということで、カロリーを少しでも抑えるべく、フィッシュとサラダを注文。

海を見ながら食べるシーザーサラダと揚げたてのお魚は最高でした!

ほっぺた落ちるクレープ

£8(1649円)

お店:The Kensington Creperie

友人とサウスケンジントンのクレープ屋さんへ。

クレープだけでなく、パンケーキやワッフルも!

私はニューヨークチーズケーキのクレープを注文。

かなり大きいクレープの中にはおいしいイチゴとチーズケーキが!

美味しすぎて食べ終わりたくなかった…

お得なお弁当料理

£10(2061円)

お店:Eat Tokyo

母国の味が恋しくなり、日本食レストランへ。

ここのお店はメニューが豊富。

寿司、焼肉、うどん、ラーメンなどから、弁当、お惣菜、ギョーザ、からあげ等、全ての日本食を網羅しているのでは?というほどです。

私はお弁当料理を頼んだのですが、ボリューミーでありながら£10とお財布に優しいお値段!

日本食が恋しい全てのワーホリ民におすすめです。

効率よく節約・資金運用

厳しい節約ばかりでは、せっかくのイギリス生活も楽しめません…。

楽しく効率よく節約する術を紹介していきます。

招待コードを活用

招待コードを上手く活用することで、キャッシュバックを得られます。

なので、何かに登録する前に、招待コードや友達紹介がないかチェックすることがおすすめ。

£5(1,000円)キャッシュバックのものもあったりと、普通に登録するよりも断然お得!

イギリス生活の中で、使える招待コードはこちら!

【日本から契約できる】私が使うイギリスのお得な携帯会社 : giffgaffについて
  • £5キャッシュバック
  • 毎月£10でもデータ量たっぷりの安さ
【YMS・ワーホリ】イギリスでの銀行開設はMonzoで決まり!
  • £5キャッシュバック
  • ワーホリ民でもすぐに銀行を開設できる

半額以下で商品ゲット!

最近流行りのToo Good To Goはご存じでしょうか?

こちらは、簡単に言うとフードマッチングアプリ。

レストランやカフェ、スーパーなどの消費期限の近いものや、不揃い品などを半額以下で購入できてしまいます。

詳細はコチラから!

【ワーホリ・YMS】今話題のToo Good To Goを利用してお得に商品購入しよう!

資金運用で計画的にお金を増やす

イギリスは日本よりも金利が高いんです。

日本の銀行はだいたい0.5%ほどですが、イギリスは脅威の4%…!

預けないわけにはいきません。

1か月だけでもかなり貯まるのでおすすめ◎

さらにGreggsが毎週無料になるだけでなく、レイルカードまでも毎年無料!

詳しくはコチラにまとめています。

【イギリス銀行】MonzoPerksプランについて詳しくまとめました

まとめ

渡英して3か月目の生活費を詳しくまとめました。

やりたいことや行きたいことが増えてきて、それと同時に出費も増えましたが、イギリスで生活するという経験は大変貴重なものなので、無理のない範囲で節約しながら、毎日楽しめています。

何かお得なイベントや情報がありましたら、ぜひコメント欄で教えてください!

今回も読んで頂きありがとうございました。

ではまた!

Yukiのワーホリ日記‐イギリス編

6月はプライドの月。

これをプライドマンスと呼びます。

6月がプライドマンスなのは、1968年6月にアメリカで起きたストーンウォール事件に由来しているから。

ストーンウォール事件とは1968年6月28日、ニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン」に対する警察の不当な捜査に反発した人々が抵抗運動を行ったもの。

プライドと聞くと最近始まった印象を受けますが、由来となった事件は50年前のものなんです。

この6月、ロンドンの街中がレインボーの旗で飾られ、

さらにお店でもプライドにちなんで、レインボーグッズやレインボー食品が売られていました。

このように改めて考えるきっかけがあることは素敵だなと感じます。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です