仕事が見つかった in ウェリントン

f:id:yuki-shudo-8:20190809181218j:image

バリスタ

ウェリントンに移動して1ヶ月。

念願のカフェでの仕事をゲットしました!

やっとまたバリスタとしてコーヒーを作れる毎日に戻れました

今回はラテアートも極めていつかは、

スターウォーズのラテアートを

ちょちょいとできるようになるのが密かな夢です。(R2D2)

今思えば、なんやかんや

意を決してウェリントンに移動して良かったです。

そして

カフェの街ウェリントンなだけあって、

スタバは需要が無いのか都市に1つしかないという驚きと、

どこに行ってもお洒落なカフェがあるので、コーヒー好きにはたまらない都市だと思います。そしてコーヒーはレベルが高いだけでなく、日本の喫茶店やカフェよりも安いです。

ラテやカプチーノ等も!(400円以下)

また、ミルクは普通のミルクと、ライト(低脂肪かな?) ソイミルクやアーモンドミルクを使ったものも基本どこにでもあります。

これはありがたいですし、外国人が日本のカフェに行って何故ソイミルクが無いんだ!というのもよくわかります。

ニュージーランドにセブンはそもそも無いので、セブンの100円コーヒーがニュージーランドに進出したら大変なことになりそうですが…

毎回ブログの下に今日のカフェを紹介していますので、そっちも見てね!


ウェリントンはニュージーランドの首都ではありますが、人口は私の故郷である苫小牧と同じくらいです。

たしか…

こんなにも栄えているのに人の密集度がちょうど良く、のんびり暮らせるのがまた最高。

日本人も全然いないので、がっつり英語を学びたいけど、車が無いので、交通手段がありながら、シティーにも簡単に行けて、すぐに大自然にも触れられる場所を探している方にはぴったりだと思います。

しかしながら、日本人、

そもそもアジア人が少ないので、

他のメルボルンやオークランドのように、日本人コミュニティも中々無い為、英語があまり話せない中での初めてのワーホリだと、仕事を探すのが難しいかもしれないです。

ウェリントンの日本食レストランも日常英会話レベルの英語を求められます。

そして、日本食レストランも少ないです。

久しぶりのメルボルン

久々にメルボルンに旅行に行ってきました!

これまで、イギリスにてホームステイや香港でインターンシップをしたことはありましたが、

オーストラリアのメルボルンは、初めて私が1人で海外に渡り、生活し、働いた特別な場所です。

友達にも会えて素敵な2日間を過ごせました。

f:id:yuki-shudo-8:20190809174839j:image

メルボルンの名物、フリンダース駅


f:id:yuki-shudo-8:20190809174836j:image

フリンダース駅の裏にあるヤラリバー


f:id:yuki-shudo-8:20190809174842j:image

トラムのサウンドがたまらない

メルボルン街の中心(CBD)は市電(トラム)乗り放題


f:id:yuki-shudo-8:20190809174845j:image
f:id:yuki-shudo-8:20190809183633j:image

毎週木曜日は、入場無料、10ドルで5ドリンクというあり得ない安さのスパイスマーケット (クラブ)


メルボルンは永遠に私にとって大事な場所ですが、大都市の街を歩いていて、今の自分にはワーホリで生活するならニュージーランドのウェリントンがあってるな〜と気づきました。

ではでは、

明日からカフェでの仕事頑張ります!

7時オープンのカフェで、片道バスと徒歩で1時間かかるので、まさかの毎朝4時半起き…

ファーム生活を思い出す…

今日のカフェ

Pestle and Mortar

f:id:yuki-shudo-8:20190811112013j:image

📍108 Darlington Road Miramar

     Wellington 6022

     New Zealand

男性1人で経営してると思われる小さなカフェ

イケメンのお兄さんが美味しいソイラテを

作ってくれました。

f:id:yuki-shudo-8:20190809175425j:image

ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です